新しいページへ | ページ選択 | 過去のページへ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

安房農林振興センター視察

千葉県安房農林振興センターの農道整備の虚偽報告について現地調査する。柏を朝10時に私の車に政策室長の内田氏と政策スタッフの平田氏の3人が乗り込み、途中昼食後、館山市内の県安房農林振興センターに午後1時に到着する。すぐに所長、基盤整備部長、耕地課職員らと虚偽工事報告の原因と経過、現在の状況を聞き取りして工事現場を視察する。理由はいろいろと説明されたが、その原因は業者と行政の馴れ合い構造にあるということである。6月議会において私の所属する農林水産常任委員会で責任の所在と今後の対応をきちんと求めていく。

《安房農林振興センター虚偽報告工事の概要》
名称:県広域営農団地農道整備事業(総事業費約120億円)
   今回の遅延工事虚偽報告の工事箇所は南房総市富浦町大津地先
工期:平成21年9月26日~平成22年3月25日
   工事が3月25日までに大雨などの理由で完了しなかったのに、事故繰越などの手続きをおこなわずに
   工事が完了したという虚偽の報告をおこなって年度を越えて工事を続行していた。
   (地方自治法138条等違反および千葉県関係条例・規則違反)
区間の請負金額:1億3,453万円  
施工業者:岡部建設(千葉県知事許可(特-9)第806号)
設計:道路建設コンサルタント

※同様に、安房2期地区の工事も平成22年2月10日~平成22年3月23日の工事期間の遅延手続きもしないで、
 年度を越えて工事を続行していた。(地方自治法138条等違反および千葉県関係条例・規則違反)
区間の請負金額:1,659万円
施工業者:睦建設(千葉県知事許可(般-17)第8731号)

安房農林振興センターにて(内田室長と吉川)
IMG_2347.jpg

写真は、南房総の遅延工事現場では擁壁のひび割れなどが確認されて崩落防止コンクリート等で養生して工事中止になっている現場。設計や施工の責任の所在が明確になった場合には設計会社や工事施工会社の責任も厳しく問われることになる。
IMG_2350.jpg

| 吉川ひろしのメモ帳 | 23時35分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yoshikawahiroshi.blog61.fc2.com/tb.php/349-c29bf13f

新しいページへ | ページ選択 | 過去のページへ

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。